Sae Lee ~From Paris~

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
7月20日(日)に大阪大学・豊中キャンパス、大阪大学会館のOsaka University Hallにてワンコイン市民コンサートシリーズに出演します。

Lee.jpgSae Lee Piano Recital 李早恵ピアノリサイタル
Les Deux Pianisms - Ondine et le Faune dans la Lumière et l’Obscurité -
二つのピアニズム「光と闇に浮かぶ水の精と牧神」
■日時 2014年7月20日(日)15:00開演 14:30開場
■場所 大阪大学・豊中キャンパス 大阪大学会館 Osaka University Hall
阪急宝塚線「石橋」駅東改札口、徒歩 約17分.
大阪モノレール「柴原」下車 西方向徒歩約10分.
■チケット 500円

《プログラム》
D. SCARLATTI: Sonates K. 159 / L.104 ; K.213 / L.108 ; K. 141 / L.422
スカルラッティ: ソナタ K. 159 / L.104 ; K.213 / L.108 ; K. 141 / L.422
M. A. HAMELIN: 12 Etudes in Minor keys n°6 « Omaggio a Scarlatti »
アムラン:短調による12の練習曲より 第6番 スカルラッティを讃えて
C. DEBUSSY: Pour le piano Prélude, Sarabande, Toccata
ドビュッシー:ピアノのために
A. PIAZZOLA: Suite para piano, Op. 2 Preludio, Siciliana, Toccata
ピアソラ:ピアノのための組曲

C.Debussy: Prélude à l'après-midi d'un faune
ドビュッシー (グリャズノフ編) : 牧神の午後への前奏曲
P.Dukas: La Plainte au loin du Faune (en memoire de Debussy)
デュカ: 牧神の遥かな嘆き(ドビュッシーを追憶)
D.Séverac: Les Naïades et le faune indiscret
セヴラック:水の精と不謹慎な牧神
M.Ravel: Gaspard de la nuit 1. Ondine 2. Le Gibet 3. Scarbo
ラヴェル: 夜のガスパール 1. オンディーヌ 2. 絞首台 3. スカルボ

■チケット申し込み
申し込みフォームにてのお申込み

電子メールでのお申し込み
ConcertB1920@gmail.comにお申し込みください.これ以外のメールアドレスでは事務局が受信出来ません.
-件名を「ワンコイン」として下さい.
-申し込みメールには必ずお名前・フリガナ・連絡先・コンサートの月をご記入ください.
-受付番号を返信メールでお知らせします.
-受付確認メールは出来るだけ早く返信しますが、1ヶ月前になる場合があります.ご了解下さい.
-ご来場できなくなった場合は、お手数ですがその旨連絡ください.

往復はがきでのお申し込み
〒565-0851 大阪府吹田市千里山西六丁目62番 A-1111号 「ワンコイン市民コンサートシリーズ実行委員会」へお申し込みください.
-往信はがきには必ずお名前・連絡先・コンサートの月をご記入ください.
-ご面倒でもコンサートひとつごとにお申し込みください.信はがきを受付に使用いたしますので.
-返信はがきで受付番号をお知らせします.
-来場の際に済みの返信はがきを必ずお持ちください.
-受付返信は出来るだけ早く返信しますが、1ヶ月前になる場合があります.ご了解下さい.
-ご来場できなくなった場合は、お手数ですがその旨連絡ください.

ご多忙中大変恐縮ですが、お誘い合わせの上お越し頂ければ幸いです。
スポンサーサイト
CIMG4481.jpgCIMG4470.jpg

3年ぶりの再演。エウリディーチェ役のマリ=アニエスは昨年より産休を取り12月に出産し、今作品で復帰でしたが、出産後とは思えないほど体も絞れ、ピナの世界観を見事に体現していました。グルックの世界と、ピナの世界が見事に融合して、オペラとダンスの素晴らしいコラボレーション。本当に美しい舞台でした。

3年前にバルタザール=ノイマンアンサンブル、合唱団の創設者でもあるヘンゲルブロックの指揮での公演で大変な衝撃(もちろん良い意味で)を受けたので今回もとても楽しみにしていたのですが、今回はスケジュールの都合でManlio Benziが指揮の公演しか見れなかったのが残念でした。
CIMG4445.jpg昨シーズンのホフマン物語(オッフェンバッハ作曲)、カプリッチオ(シュトラウス作曲)、今シーズン、エレクトラ(シュトラウス作曲)、アルチーナ(ヘンデル作曲)、魔笛(モーツァルト作曲)に続いてのカールセン演出。演出家によっては作曲家や時代が違う作品でも何かしら同じ傾向が見受けられること、「演出ありきの作品」という事が多いのですが、カールセンの演出は、「作品ありきの演出」という印象が強く、いつもどんな演出になっているのかとても楽しみにしています。

今回はロミオ、ジュリエットの2人が亡くなり、ジュリエットの父が嘆く中、両家が再び剣を交え、人間の恨み、憎しみは消え去ることはないというメッセージを予感させる、血を思わせる赤を基調にした舞台。ロミオ役のデシャイエ、ジュリエット役のシウリナの女性陣の熱演もあり、見ごたえのある作品となっていました。
CIMG4426.jpg5月10日に初日を迎える、来シーズンからバレエ部門のディレクターに就任するミルピエの新作、ラヴェルの「ダフニスとクロエ」の公開リハーサルに行ってきました。毎シーズン、5作品の公開リハーサルがオペラ・バスティーユの地下劇場で無料で行われています。

今回はミルピエ自身が指導に当たり、第3部の「夜明け」ダフニスとクロエのパ・ド・ドゥの振付を知っている若手のダンサー二人(レオノール・ボーラックとマルク・モローで本公演では他の配役)に指導を行うという形で約1時間のレッスンを見学しました。 ラヴェルの楽譜を読み込んで、音楽に合わせた振付を心掛けたとのこと。ネオ・クラシックのスタイル、女性はポワントで踊ります。

細かい指導と、時には自分が踊って見せたり、熱のこもった内容にお客さんも大喜び。ますます本公演への期待が高まりました。

来シーズンのRencontreは以下の予定となっています。生でレッスンが見れる機会は、しかも無料でなかなかありません。チケットは各演目のチケットが発売される日と同じ日に発売されますが、発売日には完売という事が多いようです。チケットを持っていなくても、当日会場に行って並べば入れると思います。

『ランダー/フォーサイス』 2014年9月13日
『レイン』 2014年10月11日
『大地の歌』 2015年1月31日
『白鳥の湖』 2015年2月28日
『パキータ』 2015年4月18日
CIMG4321.jpgワーグナーのトリスタンとイゾルデを見てきました。2008年、パリオペラ座の日本での引っ越し公演でも上演されたピーター・セラーズ演出、ビデオ・アートの巨匠ビル・ヴィオラの映像が特徴的なプロダクション。18時に始まって、2回の休憩をはさんで、終わったのは23時半頃。プログラムには、プロダクションの生みの親で先月他界された初演時のオペラ座総裁のモルティエへの追悼公演と記載されていました。モルティエ氏は2004年にパリ国立オペラ座の総裁に就任以来、「ヨーロッパで最も刺激的なステージ」を目指して斬新な演出家の起用してプロダクションを次々と制作、埋もれていたオペラ作品の発掘などに尽力されました。

モルティエが「ピーター・セラーズによる演出はヴィオラの映像に仕えるものであって演技的な側面は必要最小限な動作にとどまる」と答えているように、ビル・ヴィオラの映像が主役の演出で、セラーズの出番はほとんどなしといった印象。ヴィオラの映像は、第1幕と第3幕は水を第2幕は火の要素をふんだんに取り入れ、はっとさせられるような美しい場面もあったのですが、ワーグナー特有の事細かに心情や状況を描写する長大なテキストには、個人的にはもう少し動きのある舞台の方が楽しめるような気がしました。

歌手陣では、先日のモーツァルトの魔笛でも素晴らしい歌声を聞かせてくれた、マルケ王役のフランツ・ヨーゼフ・セリグが白眉。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。