Sae Lee ~From Paris~

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
すっかり、ご無沙汰になってしまいました。ご報告が遅れましたが、体調の問題により8月30日に予定されていた大野ホールでのコンサートは中止となってしまいました。関係者の方々にはご迷惑をおかし大変申し訳ありません。

パリ国立高等音楽院の入試の関連で一つ。
後輩で受験したいという方がいるのですが、色々と質問されるので調べると、今までは入学し学生証をもらう時に、フランス語を母国語としない生徒は、フランス文部省認定試験のDELF B1もしくは同等の資格を提出しなければいけなかったのですが、2010年-2011年度(来年入試を受け入学する人)は、入学試験に登録する際に必要書類と一緒に第1課程(日本で言う大学4年に当たる課程、ただし3年間)はフランス文部省認定試験のDELF B1もしくは同等の資格、そして第2課程(日本で言う修士課程、2年間)はフランス文部省認定試験のDELF B2もしくは同等の資格を提出しなければいけないそうです。

これで、かなり外国人の数が減るんじゃないかと思います。確かに、学校自体はフランスの税金で成り立っており、一人あたりの生徒にかかっている金額は相当なものになっているようです。何度か、夏の講習会で出会ったフランス人に、あなたたちがいるせいで、私たちフランス人がパリ国立高等音楽院に入学できないのよ、なんてお角違いなことを言われたことがありますが、確かにピアノ科をとってみると、私の学年で19人中約半分がアジア人だったように思います。

入試を考えている人たちにとっては、実技試験だけではなく、言葉の方もしっかりやらなければいけない事になり、大変だと思います。それにしても、こういった制限がこうして急に作られるところが、なんともフランスらしいというか。いちよう、学校のホームページに掲載されていたものをこちらにも掲載しておきます。

Les candidats reçus à un concours d’entrée qui ne sont pas ressortissants d’Etats francophones, devront présenter, à l’appui de leur dossier d’inscription (au moment du retrait de la carte d’étudiant), un certificat émanant d’un organisme agréé par le gouvernement français, attestant d’un niveau en langue française au moins égal à B1 dans l’échelle des niveaux communs de référence du Conseil de l’Europe.

ATTENTION : à compter de l'année 2010-2011, les candidats au concours d'entrée qui ne sont pas ressortissants d’Etats francophones, devront présenter, à l’appui de leur dossier d’inscription au concours d'entrée un certificat émanant d’un organisme agréé par le gouvernement français, attestant d’un niveau en langue française au moins égal à B1 pour le premier cycle et B2 pour le deuxième cycle dans l’échelle des niveaux communs de référence du Conseil de l’Europe. (パリ国立高等音楽院のホームページより引用)
スポンサーサイト
日本の音楽大学でピアノを勉強している知り合いの方から夏期講習会に参加したいんだけどと言う相談を受けました。色々と調べてみると、日本では代理で講習会への申込から、全てを一切引き受けてくれる会社がいくつかありますが、現地で申し込む料金の約3倍の料金設定となっているのに驚きます。(こんない高いので、日本からの航空券付きかと思いきや、含まれていないそうです。)私は自分で講習会のホームページなり、申し込み用紙等でしか申し込んだことがないのですが、昔と違って、ホームページ上から直接、名前や住所等の必要事項を入力し、クレジットカードでの決済ができる講習会もたくさんあり、中学校、高校で習った英語を多少覚えていれば、辞書を引きながらでも問題なく申し込むことができると思います。

例えば、ニース夏期国際音楽アカデミーでは登録料、マスターコース参加費、コンサート費、宿泊手配費、講習会前々日から最終日までの学生寮宿泊費(シングルルーム)、食費(朝・昼・夜)、学生寮から講習会会場までのバス定期、ピアノの場合の練習室(3時間/日)込みで、1つのコースが910ユーロ、日本年にすると約12万円程度です。このページから直接申し込みができますが、人気のある先生の場合は早めに申し込まないとクラスがいっぱいだったり、アカデミー初日にオーディションがあったりすることもあります。あと、学生寮も部屋に限りがあるので早い目に申し込む必要があると思います。

その他びっくりしたのが、某会社がパリ国立高等音楽院の受験登録サポートプログラムというものをやっており、その内容が
1、願書の取り寄せ(インターネットによる登録)
2、受験登録サポート
3、願書の返送、受験料(約80ユーロ:プログラム費用に含まず)の送金についてのサポート
4、受けとり重要書類についての、日本語でのご案内
で料金が178,500円・・・。絶句ですね。別に、これを利用することが悪いとは言いませんが、なんてあこぎな商売なんだろうと思いました。

pari.jpgまず1のインターネットによる登録ですが、パリ国立高等音楽院のページよりConcours d'entree(入試)のInscription(登録)と言うところをクリックします。フランス語が分からない人は、右上に英語の旗があるのでそこクリックして英語にするとわかりやすいかもしれません。そこで自分の受けたい楽器なりコースを選択し、名前や住所等必要事項を記入すると願書が送られてきます。
そして2、3の受験登録ですが、送られてきた願書に必要事項を記入し(プログラムや習いたい先生の名前、確かこのとき戸籍謄本の法廷翻訳も送らなければいけなかったような気がします。)送られてきた願書に同封されている封筒に入れて送り返します。80ユーロの登録料は、日本からだと銀行から海外送金で指定された口座に振り込めると思います。私の時はこのときの書類の中に、1次審査となるソルフェージュの過去問も入っていました。
4の重要書類(受験の案内など)についての日本語でのご案内ですが、送られてくる書類は、要は呼び出し状のようなもので、何日の何時に学校のどこの部屋に身分証明とこの手紙を持って来て下さいと言った感じのものでそんなに難しいことが書いてあるわけではありませんでした。
あと、指定日に発表される課題曲はConcours d'entree(入試)の下、OEuvres impossesのページでチェックすることができます。

といった感じで受験登録できるので、自分ではじめに試してみてどうしてもできないなら、代行してくれる会社に頼むのもありかもしれませんね。
今年のConservatoire National Supérieur de Musique de Paris(パリ国立高等音楽院)の
ピアノ科の入試が昨日、終わったようです。
毎年、2月のヴァカンス期間中に入試が行われています。

のだめカンタービレの影響か
最近、入試のことを聞かれることが多いので簡単に書きたいと思います。

まず年齢制限について。
入学時点(10月1日)で22歳になっていてはいけません。

例えば、私の場合は、1982年6月30日生まれですので、入学試験を2003年2月(大学2年生)に
受けたときは、20歳、そして入学時の2003年10月(大学3年)には21歳でした。

ですので、次の年の10月には22歳になっていたため、
このときが最後のチャンスだったというわけです。

ですが、日本と違い、10月始まりなので、10月以降に生まれた人は、
10月以前に生まれた人よりもう1年受験することができます。

例えば、1982年10月2日に生まれた人は、2003年2月(大学2年)に受けたときは20歳
入学時の2003年10月1日にもまだ20歳ですので、次の年も受けれるという事になります。
2004年の2月の受験時には21歳、日本では大学4年ですが、2004年10月1日の時点では
まだ21歳ですので大学4年に在籍していますが、受験可能という事になります。

何人か、10月1日以降に生まれた人で、大学4年生の後期と、コンバトの1年生の前半を
かけもちで行き、日本の大学を卒業した人もいます。


入試を受けるためには、まず10月ごろより、学校のホームページ上で前登録(Pré-inscription)を
受け付け始めるので、必要事項を入力するとその住所に入試要項を送付してもらえます。

フランス語で書かれていますが、名前、住所、自分の専攻等、簡単なことしか記入しませんので
辞書片手に調べても、大丈夫だと思います。

あとはそこに記されている通りに、期日までに書類を送り返し、
受験料を払い込むと呼び出し日時が送られてきます。
この時に、希望教授の名前を書き提出する用紙が同封されており
第3希望まで書く欄があったと思います。
ちなみに、私が受験したときは、戸籍謄本を法定翻訳したもの等も必要でした。

たいてい2月の初めに聴音、ソルフェージュ、その1週間後に1次試験、
また1週間後に2次試験 という感じのスケジュールになっています。

まずは、予備審査という形で聴音とソルフェージュのテストがあり、
確か60点以上を取れると実技の試験を受けることになります。
90点以上を取った人は、もしその年に合格せす、翌年受けたい場合は
聴音とソルフェージュのテストは免除されるそうです。

呼び出し状などの書類が学校から送られてくるときに一緒に
過去問題が送られてきますので、大体どんなものが出るのかは前もってわかります。


聴音
日本の大学入試のソルフェージュに比べるとかなり簡単なのできちんと勉強していれば
全く問題ないと思います。あくまでも、まったくできない人をふるい落とすようなレベルです。
ただ、拍子や小節数などフランス語で聞き取れないといけないので、
フランス語での言い方を習っておいたほうがいいかもしれません。

私の時はメロディー、和音、4声体、無調の書き取り、調とカデンツを答える問題がありました。
カデンツの名前(完全終始、半終始など)もフランス語で書けるようにしておいたほうが良いです。
和音の書き取りなど、一つの和音を5回ほど弾いてくれるのですが、毎回、ラの音をくれるのには
驚きました。


ソルフェージュ(新曲視唱)
歌は伴奏の人がいてそれに合わせて歌曲っぽいものをドレミで歌います。
あともうひとつ「リズム歌い」があります。
これはドレミで音程をつけずに言うのでもいいし(なんかお経を唱えているようになりますが)、
タやラなどで言っても何でも大丈夫です。
途中で、拍が変わることなどがあるのでそこさえ、
しっかり予見の時に押さえておけば問題ないと思います。
何分か、予見の時間を与えられるので、どちらかに偏よらないように、
うまく時間配分して、歌もリズムもまんべんなく予見できるようには
注意した方がいいかもしれません。

実技
1次試験
①バッハの平均律1~2巻、またはショスタコーヴィチのプレリュードとフーガより、
フーガのみ1つ(プレリュードはナシ)
②エチュード2曲 1曲はショパン、もう1曲はその他の作曲家のもの(当日1曲指定)
③自由曲2曲 1曲は古典~ロマン派、もう1曲は近現代(当日1曲指定)

自由曲は10分程度の曲と思っておけば良いと思います。
私の時は、試験の雰囲気がかなり良かったので、わりとリラックスして演奏できました。
部屋に入ると、こんにちわ、ではエチュードはこちら、
曲はこちらを演奏してくださいと言われました。
自分の出番前には、練習室で練習させてもらえます。
試験官は、ピアノ科の教授は参加できないそうで、外部から3名、そして学校関係者
(アナリーゼや作曲の教授等)から2名が参加すると聞いていますが定かではありません。

フーガは、全曲演奏しましたが、エチュードと、自由曲は長いものだとカットされます。
私は、エチュードにリストのパガニーニによる大練習曲の第2番を演奏しましたが
再現部前で止められ、では自由曲を演奏してくださいと言われました。
自由曲には、ショパンのバラードの1番を演奏しましたが、こちらも2回目に第1テーマが
出てきたあたりで止められたと思います。

だいたい、180名ほどが1次予選に参加し、ここで60名ほどになったと思います。


2次試験は、2ヶ月前に発表される課題曲、2曲と初見です。
私のときの課題曲はシューベルトの即興曲のOp142-3とドビュッシーの西風の見たものでした。
たいてい時代の違う2曲が出されるようです。
これは待っていても何も知らせてきてくれないので、自分から学校に問い合わせるか、
学校の掲示を見に行くか、またはホームページ上でも確認できます。

ただ、私の時には、ホームぺージ上にはシューベルトは繰り返しありと
わざわざ書かれていたにもかかわらず、試験当日、一人目の演奏者が繰り返しありで
演奏したところなんで、繰返しをするんだ!と審査員に言われ、
繰り返しがその次の人からなくなったのですが、直前に言われたのと、
変奏曲で常に1カッコ、2カッコと繰り返しがあるので混乱した人もいたのではないかと思います。

第2次試験には、もし前もってつきたい教授にコンタクトを取っていれば別ですが
申込み時に希望した教授が、どんな生徒が自分を希望しているのかを知るために、
聞きに来ることもあります。
もちろん、コンタクトを取っている教授が聞きに来てくれることもあるようです。

入試と同じ年の6月に卒業する人の人数が、クラスの空き人数となり、
あいた人数分の新入生がそのクラスに入れることになります。
ですので、もし、誰も卒業しない場合は、クラスに入ることができないので
希望教授のクラスの空き状況は前もって聞いたほうがいいかもしれません。

ただ、どうしても、その先生につきたい場合、1年生時は第2希望の先生のクラスに在籍し
2年生になるときに、その先生のクラスの空きが1つしかなかったとしても
優先的に第1希望の先生のクラスに移ることができます。


初見は私の時は演奏試験の前日でしたが、現在はあとに、別に日にちを設けて行われます。
試験場に入る前に少しピアノ付きの部屋で楽譜を見る時間がありました。
ピアノを使ってもいいのかわかりませんでしたが、まあいいやと使いましたが
何も言われなかったので、使っても良かったようです。
私の時は、ハイドンのソナチネが出ましたが、年によっては、現代曲で無調の曲が出たり
その年によって、様々なようです。

最終的には、毎年18名ほどが合格し、2~3名補欠が発表され
合格した人の中で、入学しない人が出た場合、補欠の人が繰り上がって合格となります。

Conservatoire National Supérieur de Musique de Paris
209, avenue Jean Jaurès 75019 Paris, FRANCE
http://www.cnsmdp.fr/

ただ、これまでは、3年か4年で卒業を選べたのですが
DFS(de Formation supérieure)というシステムからLMD(Licence, Master, Doctorat)
に移行するようで3年(Lisence)+2年(Master)と年数も長くなり、色々と変更が生じるようです。
ただ、現在、移行期にあり学校自体もどういうものになるのかはっきりと提示せずなので
詳細はわかりませんが、今のところ分かっている範囲でいえば授業内容などには
あまり変更はないようです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。