Sae Lee ~From Paris~

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
P1000056 (3)去年の確か春頃に庭にイタリアンパセリの種を植えたのですが、夏に日本に帰国している間に雑草が生えてしまいパセリが雑草にすっかり埋もれてしまっていました。その後、雑草は抜いたのですが、すっかりイタリアンパセリのことは忘れていました。最近、ふっと思い出し庭をチェックしてみると、庭の一角にパセリが見事に育っていました。ということで、冷凍エビとナスでパスタを作ることに。パスタが出来上がった直後に、パセリをとりに庭に。洗って、手で簡単にちぎると、とても良い匂いが。パスタの上に散らして美味しくいただきました。
スポンサーサイト
3月にイタリア、スロヴェニア、パリで行われるコンサートのお知らせです。

昨年の4月にイタリアで行われた室内楽のコンクールの第一位受賞記念コンサートが、ブレシア、カッサーレモンフェラート、ヴェローナの3か所と、スロヴェニアのプトゥイで行われます。

3月11日(水) ブレーシァ(イタリア) 21時
Auditorium San Barnaba
Piazzetta Arturo Benedetti Michelangeli

3月13日(金) カッサーレ・モンフェラート(イタリア) 21時
Sala Massaza
Via Facino Cane

3月15日(日) ヴェローナ(イタリア) 11時
Maffeiana del Teatro Filarmonico di Verona
Via Roma 1/g Verona

3月20日(金) プトゥイ(スロヴェニア) 19時
Ptuj, Slovenia

プログラム
D.Milhaud: Scaramouche
P.Hindemith: Sonate pour Saxophone Alto et Piano
M.Mussorgski: Il Vecchio Castello
P.Swerts: Klonos
S.Prokofiev: Sonate Op.94
G.Gershwin: Rhapsody in Blue

そしてその後は、20日から22日までMusicoraという毎年パリで開催されている楽器の見本市の最終日ルーヴル美術館地下カルーゼルのガブリエルホールにてデュオで演奏予定です。おもにヨーロッパを中心とした 大手楽器メーカーや個人楽器工房、楽譜出版社の展示会です。年に一度、春に先だって開催されるこのフェスティバルでは期間中、専門家や音楽家の講座、子供のための体験講座や、コンサートなどが催されています。

3月22日(日) ルーヴル美術館地下カルーゼル 17時
プログラム
M.de Falla: Danse Espagnole
C.Saint-Saens: Le Cygne
P.Swerts: Klonos
G.Gershwin: Rhapsody in Blue

イタリア、スロヴェニア、パリ在住の方々、もしくは偶然この時期にご旅行される方がいらっしゃいましたらで、お聴き頂けたら嬉しいです。 どうぞ宜しくお願い申し上げます。

P1000055 (3)昨日、アイルランドの首都ダブリンに日帰りで行ってきました。ライアンエアーという格安航空会社で1週間ほど前に購入したチケットの価格はなんと日本円で約8千円。空港までのバス等その他諸々を含めても約1万円程で済み、大阪、東京間の飛行機でも片道1万円ほどかかるのを考えるとかなり安くつきますね。ただ安い分、パリの空港がとても遠く,空港に行くまでにものすごく時間がかかるという難点が。

昨日も、9時55分の飛行機だったにもかかわらず、PARIS BEAUVAISという空港に行くのに、まず出発時間の3時間前にポルトマイヨーという凱旋門の近くにあるバス停留場まで行かなくてはなりません。家から、ポルトマイヨーまで約50分ほどかかるので、余裕を見て朝の5時40分には家を出ました。外は勿論まだ真っ暗。朝早かったのでメトロの本数も少なめで、バス停留場には6時45分くらいに到着。その後、バスに乗りPARIS BEAUVAIS空港に到着したのは、8時過ぎ。少し飛行機が遅れましたが、飛行機に乗って1時間半、ダブリンには11時くらいに到着しました。(パリとダブリンでは1時間の時差があります。)

P1000057.jpgダブリン空港からバスに乗ってトリニティ・カレッジ前で下車。この大学は、400年以上の歴史と伝統を誇り、ヨーロッパトップ10にランキングされる名門大学のひとつだそうです。そこから歩いて5分、目的地のアイルランド王立音楽大学へ。今回ダブリンへ行った理由は、レッスンを受けること。昨年、12月にマスタークラスで受けたレッスンが、とても良かったのでその後連絡先を聞き連絡を取って、プライベートで見ていただくことになりました。

私がこれまでフランスで勉強してきて受けた印象ですが、フランスの音楽教育は均整のとれた美というものを忠実に再現することに重要性を見出しているように思います。そんな中、音楽にはきれいや美しいだけではおさまりきらない、人間くさいところがものすごくあって、そういう人間性が音楽を生きたものにしているということを、数回ですが受けたレッスンから強烈に感じました。

P1000058.jpgさて何人かの門下生のレッスンを聴講させてもらい、レッスンを受けて16時半頃にバスに乗ってダブリン空港へ。飛行機は19時半だったので軽く夕食を空港で食べ、パリには22時頃に到着し、またまたバスに乗って、ポルトマイヨーへ。朝に通った駅の構内を歩きながら、なんだか昨日通ったような気がするなと思いながらメトロを乗り継いで家へ。帰宅したときには日付も変わりくたくたに疲れましたが、とっても充実した1日でした。
P1000055 (2) 一昨日の夜中、突風がものすごくきつく、家中が震動しなかなか寝付けなかったのですが、翌朝起きてふと窓の外を見ていつもと何か違うなと思い良く見ると、突風によって木が倒されていました。見る限り結構大きい木ですが、無残な姿に。私は寝ていて気付かなかったのですが、倒れた木が寄り掛かっているアパートの住人の人には、木が倒れた瞬間は結構な衝撃があったのではないかなと思います。

そして、今朝。朝早くから、チェーンソーのウィーンという騒がしい機械音と共に、木の解体作業が始まったようで、倒れた木はすっかり片づけられ窓の外は今ではいつも通りの風景に。家の庭にもいつ倒れてもおかしくないような、ひょろっとした木が立っているのですが、以前やはりものすごく風が強かった時に、倒れないようにロープで壁と固定しました。今では、そのロープが幹に食い込んでしまうほど成長し、木の幹の先が街灯にぶつかりそうなほど逆に育ちすぎて、春が来る前に少し幹の先を切らなきゃいけないなと思いつつ、脚立を使って枝切りばさみで切らなきゃいけないと思うとなかなか重い腰があがりません。もう少し暖かくなったら、落ち葉拾いも含めて庭掃除をしようと思います。
先日バスで出かけようと、バス停に向かって歩いていました。朝の8時ころで、割りと寒い日だったのですが、歩いていると目の前をバスが通りすぎて行ったので、慌てて走っていくと、信号でバスが一時停車。これはしめたと思い、ドアをコンコンと叩き乗せてもらえませんか??と合図すると、次の停留場まで行けと手で合図されました。そこから全速力で次の停留場まで走り、途中でもちろんバスには抜かれましたが、合図したおかげなのかバスは停留場で待っていてくれました。バスに乗車していた人たちに、頑張れと応援されたようで、少し恥ずかしかったですが、バスに到着した頃には、ゼーゼーハーハーと寒い中、朝早く久しぶりの全速力に一気に気分が悪くなってしまいました。

普段、あまり全速力をする事、というより走ることがなくなっており、何年ぶりかに全速力で走ってみると、ものすごく自分の体力が低下したんだなーと実感してしまいました。中学生、高校生の時は体育の授業があり、大学に入ってからは近所にあったジムに通ってある程度体を動かしていたのに、最近運動したのはいつだろうと考えると、思い当たる節がありません。

パリに留学して一年目の春、食生活の変化のせいか今より、約8キロ太ってしまいこれはだめだと思い、2週間ほど毎朝近くの川沿いをジョギングしたことはあったのですが、こう寒く雨や雪が続くとさすがにジョギングはつらいものがあります。パリで発行されている日本人向けの新聞にバレエ教室の広告があり行ってみようかななんて思いましたが、ハマムと一緒でなかなか行く機会が持てません。何か、良い運動不足解消法はないかと模索中です。
P1000055.jpg 今年の冬は例年になく寒い日が続き、先日も朝起きて外を見ると、庭が雪に覆われ真っ白になっていました。雪の降る回数も、例年に比べるとかなり多い気がします。

こんな時こそ、入浴剤の入ったお風呂にゆっくり入ってと言いたいところですが、なんせ家のボイラーは小さく一度お湯を湯船に張ると、それですべてのお湯が消費されてしまいます。

パリには、ハマムと言われるアラブ式公衆浴場があり、前から一度行ってみたいなとは思っているのですが、家の近場にはなく、こんなに寒いと逆に帰りに風邪でもひいてしまうかなとなかなか行く機会がありません。ハマムとはアラビア語で公衆浴場のことで、日本の公衆浴場とは違い、湯船がなくお湯にはつからないそうですが、イスラム式サウナがあり部屋によって湿度や温度が違うそうです。今度、ぜひハマムに挑戦してみたいと思います!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。