Sae Lee ~From Paris~

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
IMG_0147.jpg12月22日から24日まで、滋賀県栗東市にある栗東芸術文化会館さきらの大ホールにて、CDのレコーディングを行いました。毎年、栗東芸術文化会館さきらでは「さきら de レコーディング&コンサート」という企画を行われており、その第7弾として選んでいただきました。

さきらには、フルコンサートのピアノが5台あり、今年の夏に足を運んでどのピアノで録音するか決めました。「FAZIOLI」というイタリアの名器を日本で初めて納入したホールが栗東芸術文化会館さきらだそうで、今回はその「FAZIOLI」で録音させていただきました。

CDは2月2日に発売予定で、2月7日(日)14時より、栗東芸術文化会館さきらの大ホールでCD発売記念リサイタルを開催します。詳細は下記のとおりです。

■日時 2010年2月7日(日)14:00開演(13:30開場)
■場所 栗東芸術文化会館さきら 大ホール
■発売日 12月12日(土) 友の会(一般と同時発売)
■入場料 【一般】2,000円  【友の会】会員様御招待(同伴者:1,800円)  
※託児サービスあり。1月27日(水)までに要予約。(有料・一人1,000円・1歳以上・定数あり、1歳未満は要相談)
■入場制限 未就学児入場不可

《プログラム》(予定)
モーツァルト:ソナタ第9番ニ長調
リスト:パガニーニ大練習
スコリク:ブーレスク
ドビュッシー:仮面、喜びの島

ショパン:2つのノクターンOp.27
     バラード 第1番Op.23
     子守唄 Op.57
     ポロネーズOp.53

チケットのお問い合わせ、お申し込みは、こちらのメールフォームから私の方までご連絡お願いします。ご多忙中大変恐縮ですが、お誘い合わせの上お越し頂ければ幸いです。
スポンサーサイト
来年に創立40周年を迎えられる大野ギター音楽院のクリスマスコンサートにゲスト出演しました。ショパンよりバラード第1番、子守唄、英雄ポロネーズの三曲をソロで、ロギーナ氏とファリャのスペイン舞曲と、ロッシーニのフィガロ・パラフレーズを演奏しました。

コンサートでは、ギター合奏やウクレレ合奏、小学生によるギター独奏、余興でフラダンス、プレゼント抽選会なども行われ、クリスマスらしい楽しいコンサートでした。出演されていた皆さんの演奏はモニターでしか聴くことができませんでしたが、とにかく音楽が大好きな様子が伝わってき、音楽はやっぱり楽しまなくちゃと改めて思いました。

大野ギター音楽院のホームページです。来年の3月28日には兵庫県立芸術文化センターの大ホールで、40周年記念コンサートを開かれる予定です。ゲストにギター奏者の荘村清志さんが演奏される予定だそうです。
15日から17日の3日間、2月3日のザ・フェニックスホールでのコンサートのために産経新聞、日経新聞、朝日新聞、読売新聞、京都新聞の5社の取材を受けました。記者の皆さんとても興味を持って話してくださり、楽しくお話させていただきました。

掲載は1月になるようですが、またお知らせさせていただきます!

P10001051.jpg12月12、13日に東京で行われてたサクソフォンフェスティバルに参加してきました。ミーハ・ロギーナ氏とは、プロコフィエフのソナタ2番、アレクサンドル・スーヤ氏とはヒンデミットのアルトサクソフォンのためのソナタを演奏しました。

フェスティバルが行われた多摩では、イルミネーションがとても綺麗でした。フェスティバルではパリで知り合ったサクソフォン奏者の友人たちに、ひさびさに会え楽しいひと時を過ごせました!
P100010.jpg昨日、成田経由でパリより戻ってきました。今回の日本滞在中に演奏するための楽譜+その後に演奏しなければならいない楽譜をあわせると約8キロほどありました。荷物紛失のことを考えて楽譜はできるだけ手荷物で機内に持ち込むようにしています。国際線では機内に持ち込みましたが、国内線の手荷物のルール変更のことを考えて、大きいなトランクは宅配で成田から自宅に送り、楽譜を入れていた小さなキャリーバックを荷物として預け、コンピューターバックを手荷物としてチェックインしました。

良い機会だったので、JALのカウンターで新聞に掲載されていた壊れやすいもの用の6種類のコンテナについて質問すると、まだ導入されておらず、いつ導入されるかもいまのところ未定だそうです。手荷物に関するルールがどれほど厳しく取り締まられているのか興味があったのですが、国内線の待合場所の様子を見てみると、手荷物を2つ持っている人もたくさんいたので(ルール上では手荷物は1つのみ)思っているほど、厳しくないのかな?と思いました。
国内線の機内持ち込みについて以前書きましたが、全日空のページに小型楽器のコンテナについての表記がアップされています。

http://www.ana.co.jp/dom/checkin/rules/baggage2.html
なおギター、小型楽器(最長辺90cm以内)、コントラバスをお預けのお客様には専用ケースの貸し出しも行っております。
・ギター用ケース、小型楽器(最長辺90cm以内)用ケース 出発空港カウンターにて係員にお知らせください。
・コントラバスケース 事前予約が必要です。ANA予約・案内センターまでご連絡ください。
※各種専用ケースは数量に限りがあるため使用状況によりご用意できない場合もございます。
※小型楽器用ケースのサイズ(内寸)…長さ90cm×幅40cm×高さ27cm 
(ANAウェブサイトより引用)


ニュースには写真も写っていましたし、全日空の方はきちんと小型楽器用の専用ケースが用意されていたようです。日航の方はどうなんでしょうか?まあ、経営再建でそれどころじゃないのかもしれませんが、また折を見て問い合わせようと思います。
P1000105.jpgゴミを出しに外に出ると、可愛らしいお客さんが遊びに来ていました。左の写真は、家の玄関を出てすぐにある階段です。階段と言っても3段ほどしかないのですが、すっかりくつろいでる様子。近所で飼われている猫のようで、撫でてやるともっともっととまるで言っているかのように、すりよってきました。ふっと窓に人影が写ったと思いびっくりしていると猫だったり、最近よく遊びに来ているようです。

P1000102.jpgパリにある日本料理屋さんには、本当に日本人がオーナーで調理している人も日本人というお店と、日本料理と看板を出してるが、実はオーナーも、調理している人も日本人ではないというお店と二種類あります。後者の方を、"にせジャポネ"と勝手に呼んでいます。

バスティーユ付近を歩いていたら、こんな名前の日本料理屋さんを見つけました。店構えや、メニューを見たら大体は、あ、このお店は"にせジャポネ"だな!とわかるのですが、このお店の場合メニューをチェックする必要もないですね。

SAMOURAI

日本料理屋さんと名乗るのなら、せめてお店の名前くらいちゃんとすればいいのに・・・。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。