Sae Lee ~From Paris~

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
四国から戻ってきた月曜日より、毎晩、心斎橋にあるステーキハウスOXONのディナー音楽会で演奏させていただいています。地下にあるサロンで、食事を終えた毎晩10~20名ほどの皆様にお話を交えながら演奏するのですが、お客様との距離もとても近く、一人ひとりの方々とコミュニケーションが取れ、これぞサロンといった雰囲気ののなか、とても楽しく演奏させていただいています。

P1000131.jpgそんな中ですが、買い物のために梅田のヨドバシカメラに行ってきました。おなじビルの7階にある、カフェコムサによったのですが、芸術的ともいえるフルーツタルトに目移りしてしまい、どれを食べようか悩んだ挙句、カラメルバナーヌをチョイスしました。ボリュームたっぷりで、バナナの甘みとほろ苦いキャラメルソースがマッチしていて、とっても美味しかったです!
スポンサーサイト
高知、香川での演奏会も無事に終え、大阪に戻ってきました。4日間、コンサートに加えマスタークラスやサロンでのコンサートなどもあり、高知、香川ともに観光できなかったのが残念ですが、たくさんの良い出会いがありました。高知のアルペジオ楽器さん、香川出身のサクソフォン奏者白井奈緒美さんはじめお世話になりました皆様方、コンサートにご来場いただきました皆様方ありがとうございます。

今年のNHK大河ドラマが高知県出身の坂本龍馬ということもあり、高知市内いたるところに福山雅治さん扮する坂本龍馬のポスターがありました。高知にははじめて行ったのですが、かつおのたたきや、ちゃんばらと呼ばれる巻貝や、太刀魚の押し寿司など郷土料理を楽しむことが出来ました。コンサートで演奏するだけではなく、こうした色々な新しい出会いや、その土地の美味しいお料理をいただくのも、醍醐味のひとつです。
2010.2.13.四国新聞今日から香川滞在です。明日は高知で、日曜日には高松でのコンサートがあります。香川県出身のパリ国立高等音楽院での同級生でもある、サクソフォンの白井奈緒美さんとロギーナ氏と3人でのコンサートです。

四国新聞にコンサートの情報を掲載していただきました。
和歌山の海南市にて行われました、NHK-FM『ベスト・オブ・クラシック』にご来場いただきました皆様、ありがとうございました。ご来場いたただきました皆様、海南市、NHK和歌山放送局、NHKのスタッフの皆様のおかげで無事に終えることが出来ました。

演奏中にもお客様が、とても真剣に聞いてくださっている様子、そして公開収録ということもあり、物音をたてないようにと言う心使いが私たちにも伝わってきました。

放送は、2010年3月15日(月)午後7時30分~9時10分の予定です。ご多忙中大変恐縮ですが、皆様にお聞きいただけましたら幸いです。
100212_1457~01今日は、小学校来の友人とランチをしました。2年前の夏には彼女の結婚式にも参加させてもらい、その年の11月にハネムーンでパリに来たときには、旦那さまとパリの自宅に遊びに来てくれました。その時に、もしかしたらお腹の中に赤ちゃんがという話を聞いていたのですが、帰国後やっぱり妊娠していたと連絡があり、昨年の8月に出産しました。

半年も経ってしまいましたが、ささやかながらお祝いと思い、フランスで購入した星の王子様の食器と、この間リリースしましたCDを持っていきました。私たちの食事中も全然ぐずらず、私のひざの上に座って笑いながら遊んだり、とても可愛らしい様子にすっかり癒されました。別れた後、友人からこんな写真が送られてきました。CDにしゃぶりついている様子が本当に可愛かったので、友人に許可をもらい掲載します。

明日は、和歌山・海南で、NHK-FM「ベスト・オブ・クラシック」の公開収録です。今回の日本滞在でのコンサートも残り少なくなってきましたが、一つ一つ大切に演奏したいと思います。
P1000127.jpg今日は、雪が降り積もる寒さの中ご来場いただきました皆様ありがとうございました。リハーサルのため朝9時前には家を出て、栗東へと向かいましたが、電車を降りると目の前にはこんな光景が。大阪ではこんなに雪が積もるのはとても珍しく、お客様に来ていただけるか少し心配でしたが、たくさんのお客様にご来場いただき誠にありがとうございました。

かなりのハードスケジュールで、毎週のように違うプログラムでの演奏会が続いており、本番前はかなりナーバスになっていましたが、栗東文化会館さきらのスタッフ、ボランティアの方々に支えていただき、またとても温かな雰囲気で迎えてくださったお客様、そしてFazioliというすばらしいピアノに支えられ、楽しく演奏させていただきました。

特にモーツァルトのソナタ、そしてショパンのバラードの一番は、レコーディングの際に納得がいかず、私の納得がいくまで録音させていただいたこともあってか思い入れが多く、演奏中にも自然と色々な感情が沸き起こり、とても楽しく落ち着いて演奏することができました。

これでひとまず、去年より進めていた”さきらでレコーディング&コンサート”のプロジェクトは終わりました。
このプロジェクトに関わってくださったすべての方々、特に栗東芸術文化会館の松崎様、オーライレコードの清水様に、改めてこの場で御礼申し上げます。
演奏会が終わった日の夜は、コンサートの緊張感や興奮からなかなか寝付けないことが多く、翌日は頭も体もだるくボーっとしていることが多いのですが、2日後の日曜日に滋賀県栗東芸術文化会館さきらでのソロのCD発売記念コンサートが迫っているため、ボーっともしていられません。

3日のコンサートのプログラムとはまた違って、CDにも収録したモーツァルト、ショパン、ドビュッシーなどを演奏させていただきます。また、はじめの予定にはなかったのですが、せっかくRogina氏が来日中ということもあり、最後にゲストとして登場していただき、ガーシュインのラプソディーインブルーを一緒に演奏することとなりました。

滋賀県ということで大阪の方には少し遠いと感じられるかもわかりませんが、新大阪駅からは約1時間、そして駅を出てすぐのところにありますので、皆さんが思っていらっしゃるよりも遠くないのではないかなと思います。日本には数台しかない、Fazioliのピアノの音色を聞いていただける機会ですのでご多忙中大変恐縮ですが、お誘い合わせの上お越し頂ければ幸いです。

チケットのお問い合わせ、お申し込みは、こちらのメールフォームから私の方までご連絡いただければ幸いです。
昨日は、寒い中ご来場いただきました皆様ありがとうございました。新聞5社に記事が掲載されたこともあり、たくさんお問い合わせもいただいたようですが、たくさんのお客様にお断わりしなければいけなかったことを、大変申し訳なく思っております。これに懲りず、次回もぜひお問合せいただければ幸いです。

フェニックスホールのスタッフの皆様、大阪アーティスト協会の方々、その他いろいろとサポートしてくださった皆様、そしてもちろんご来場いただきました皆様、お問合せいただいた皆様に支えていただき無事にコンサートを終えることができました。改めて、この場で御礼申し上げます。

今回の企画として、クラシック音楽もそんなにつまらないものじゃない!ということを知っていただくということで、プログラムもオリジナル作品は1つしか演奏しませんでしたが、ご来場いただいた皆様にも喜んでいただけたのではないかなと、またそうあってほしいと思います。

また、次の機会に皆様にお目にかかれるのを楽しみにしております。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。