Sae Lee ~From Paris~

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
12月の宝塚ベガホールでのコンサートに向けて準備を進めているのですが、プログラムをどうするか大変悩みました。今回は宝塚市文化振興財団が行っている「Vega Internship Project」という企画のコンサートとして、①お客さまのリクエストに基づき、②出演者を公募し、③安価なチケット代を設定する(1,000円)ことによって、“安くて良い音楽を聴くことが出来る”ワンコインコンサートのような趣旨があり、お客様から最もリクエストのあった3曲の中から、私はショパンの幻想即興曲を核にしショパンの作品を中心にプログラミングすることにしました。

今年は生誕200年ということで、色んなところでショパンが演奏されていますが、今年が記念年の作曲家は実は他にもたくさんいます。もう一人有名所で言うと、生誕200年のシューマン。はじめは、生誕200年シューマンを前半に、ショパンを後半にプログラムを組もうと決め、楽譜も用意し練習を始めていたのですが、どうもオリジナリティに欠けるな~と、思っていました。いつもコンサートのプログラムを構成するときは、あまりクラシックに馴染みがない方も耳にしたことのある曲を取り入れつつ現代曲や耳慣れない曲をうまくプログラムに取り入れ、こんな曲もあるんだと少しクラシックの違う面も見て面白いと感じていただけたらと思っています。

もう少し、頭を柔らかくして生誕200年ショパンの作品を前半に、後半はバラエティーに富んだものにし生誕150年のアルベニス、生誕100年のバーバーを入れてみてはどうかと思い、色々な作品を聞いてみましたところ、直感でこれは良い!と思える作品に出合えました。その中からアルベニスのスペイン組曲から3曲、そしてバーバーのExcursions(遠足)というジャズやブルースのテイストが取り入れられた作品を演奏させていただきます。あとは生誕200、150、100年ときたのなら、50年つまり現代の作曲家で50歳の方の作品を入れてみようと考えています。奇しくも、宝塚ベガホールも今年30周年を迎えられるそうで、アニバーサリー尽くしになります。聞きにきてくださる皆様に楽しんでいただけるよう頑張ります!

Vega Internship Project 李早恵ピアノリサイタル
12月10日(金) 19:00 開演 (18:30開場)
宝塚ベガ・ホール

前売1,000円(当日1,500円)
友の会800円

【前売発売所】
ソリオホール(文化振興財団)、ベガ・ホール、
ローソンチケット(Lコード=55904)
セブン-イレブン(店頭マルチコピー機にて発売)

主催:(財)宝市文化振興財団
協力:宝塚演奏家連盟
制作協力:(株)イーブンイフ

【 曲目】   
ショパン:
3つのワルツ 作品64、バラード第1番 ト短調
ノクターン 嬰ハ短調、幻想即興曲 嬰ハ短調 (遺作)
子守歌 変二長調、ポロネーズ第6番 変イ長調「英雄」

アルベニス:スペイン組曲 第1集 Op.47より
第4番「カディス(カンション)」
第5番「アストゥリアス(伝説)」
第6番「アラゴン(ファンタジア」
バーバー:遠足
スウェルツ:ソナタ
スポンサーサイト
8月終わりから家のモデムの調子が悪く、9月に入ってからはインターネットが全然使えなくなってしまいました。家にはテレビがないので、ニュースなどはネットでチェックするのが普通だったので、今かなりの浦島太郎状態です。ネットカフェや学校のコンピューターでは日本語で打てないので、メールやこのブログは、家のパソコンのワードで作成しておきUSBキーに入れ、ネットカフェや学校のコンピューターで開いて、コピーして送っています。コンサートの打ち合わせ等もほとんどがメールですので、返信が遅れたりと大変不便です。昔はインターネットなどなくて当たり前でしたのに、人間慣れというのは怖いものですね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。