Sae Lee ~From Paris~

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
CIMG4426.jpg5月10日に初日を迎える、来シーズンからバレエ部門のディレクターに就任するミルピエの新作、ラヴェルの「ダフニスとクロエ」の公開リハーサルに行ってきました。毎シーズン、5作品の公開リハーサルがオペラ・バスティーユの地下劇場で無料で行われています。

今回はミルピエ自身が指導に当たり、第3部の「夜明け」ダフニスとクロエのパ・ド・ドゥの振付を知っている若手のダンサー二人(レオノール・ボーラックとマルク・モローで本公演では他の配役)に指導を行うという形で約1時間のレッスンを見学しました。 ラヴェルの楽譜を読み込んで、音楽に合わせた振付を心掛けたとのこと。ネオ・クラシックのスタイル、女性はポワントで踊ります。

細かい指導と、時には自分が踊って見せたり、熱のこもった内容にお客さんも大喜び。ますます本公演への期待が高まりました。

来シーズンのRencontreは以下の予定となっています。生でレッスンが見れる機会は、しかも無料でなかなかありません。チケットは各演目のチケットが発売される日と同じ日に発売されますが、発売日には完売という事が多いようです。チケットを持っていなくても、当日会場に行って並べば入れると思います。

『ランダー/フォーサイス』 2014年9月13日
『レイン』 2014年10月11日
『大地の歌』 2015年1月31日
『白鳥の湖』 2015年2月28日
『パキータ』 2015年4月18日
スポンサーサイト
CIMG4321.jpgワーグナーのトリスタンとイゾルデを見てきました。2008年、パリオペラ座の日本での引っ越し公演でも上演されたピーター・セラーズ演出、ビデオ・アートの巨匠ビル・ヴィオラの映像が特徴的なプロダクション。18時に始まって、2回の休憩をはさんで、終わったのは23時半頃。プログラムには、プロダクションの生みの親で先月他界された初演時のオペラ座総裁のモルティエへの追悼公演と記載されていました。モルティエ氏は2004年にパリ国立オペラ座の総裁に就任以来、「ヨーロッパで最も刺激的なステージ」を目指して斬新な演出家の起用してプロダクションを次々と制作、埋もれていたオペラ作品の発掘などに尽力されました。

モルティエが「ピーター・セラーズによる演出はヴィオラの映像に仕えるものであって演技的な側面は必要最小限な動作にとどまる」と答えているように、ビル・ヴィオラの映像が主役の演出で、セラーズの出番はほとんどなしといった印象。ヴィオラの映像は、第1幕と第3幕は水を第2幕は火の要素をふんだんに取り入れ、はっとさせられるような美しい場面もあったのですが、ワーグナー特有の事細かに心情や状況を描写する長大なテキストには、個人的にはもう少し動きのある舞台の方が楽しめるような気がしました。

歌手陣では、先日のモーツァルトの魔笛でも素晴らしい歌声を聞かせてくれた、マルケ王役のフランツ・ヨーゼフ・セリグが白眉。
CIMG4240.jpgカルスト地方では1年中“ブリヤ”とい強い風がアルプスから吹きおろし、その風だけによって乾燥させるプロシュートが特産物となっています。ということで、朝もブッフェには必ずプロシュート、夕食の前菜もプロシュート、コンサート後のパーティーのワインのお供にもプロシュートと、とても美味しいプロシュートをたくさんいただきました。

CIMG4238.jpgこちらの大掛かりな機械はもちろんプロシュートを切るためのもの。レストランによっては手で切っている所もあるようです。音楽祭最終日のパーティーでは、プロシュートを丸々一本持ち込み、職人さんが目の前でスライスしてくれたものを食べたのですが、切りたてのものの美味しかったこと。すでに切られたものも並んでいたのですが、切りたてのものが本当に美味しいので、皆、切りたてのものばかりを食べるので職人さんはパーティーの間中、必死にプロシュートを切っていました。最後の方は、もう疲れたよと腕をぶらぶらさせ笑いを誘っていました(笑)
concert 1音楽祭と同時期に、色々な楽器のための国際コンクールも行われており、木管・金管・打楽器部門の審査員たちによるコンサートの予定していた伴奏者がキャンセルとなり、依頼を受けたのが3月19日。とりあえず全ての楽譜を送ってもらい、練習は3月23日のソロのリサイタルが終わってから始めたのですが、どの曲もとても素敵な曲で楽しいコンサートとなりました。

《プログラム》
Henri Dutilleux: Sonatine pour flûte
デュティーユ: フルートソナチネ
Joseph Horovitz: Sonatina for clarinet & piano
ホロヴィッツ: クラリネットソナチネ
Takashi Yoshimatsu: Fuzzy Bird Sonata
吉松隆: ファジーバードソナタ
George Gershwin: Rhapsody in Blue
ガーシュウィン: ラプソディーインブルー(トランペットとのデュオ)
CIMG4244.jpg4月10日から16日まで、スロヴェニアのシュタニエルで行われていた音楽祭に行ってきました。シュタニエルはスロヴェニア・カルスト地方の中心地に位置し、ローマ時代以前からある城塞に中世時代テラス式の街並みが作られ、第一次世界大戦時はオーストリア軍によって将校用の病院として利用、第二次世界大戦末期に焼け落ち、しばらく廃墟の後1960年から修復開始され、現在は城塞に住んでいる人たちもいますし、音楽祭期間中もあちらこちらで修復する工事の音が聞こえていました。

CIMG4276.jpgCIMG4265.jpg
こちらは、フェラーリガーデンという小さな庭です。こちらは20世紀に入ってからフェラーリ邸の庭として作られたそうです。あいにくの天気ですが、まるで映画のワンシーンに出てきそうな素敵なお庭で、季節がら水辺にしなだれかかる藤の様な白と紫の花がとてもきれいでした。左上にあるのがフェラーリ邸です。

CIMG4280.jpgCIMG4282.jpg
左の写真は、街中で見つけたセルフはちみつショップ:)自分が買いたいものを買いお金を瓶の中へ。右の写真は城塞になかにある民宿屋さんの看板。
CIMG4222.jpgシャンゼリゼ劇場へマーク=アンドレ・アムランのコンサートに行ってきました。午前11時から休憩なしの約1時間のプログラムで、全席自由席で25ユーロのコンサートながら、バッハ=ブゾーニ・プレリュードとフーガBWV532、ラヴェル・夜のガスパール、リスト・ソナタと全く手を抜かないプログラム。開演15分前に到着し会場に入るとラッキーなことに中央ブロックの一番前の列の左端のストラパンタン(補助椅子)の席が空いていました。普通の椅子の席はほとんど埋まっていましたが、ストラパンタンの席は折りたたまれている椅子を自分で開いて座らなければいけないので、気づかない人もいたようです。

CIMG4226.jpgラヴェルの夜のガスパール、特に絞首台が白眉。息を呑むとはまさにこの事かと。手元も足元も良く見え、呼吸さえ聞こえてくる席で聞けたのは本当に幸運でした。アンコールは、ショパン=リスト、6つのポーランドの歌「私のいとしい人」と、ショパンの子犬のワルツ、再現部からアムラン編曲バージョンでした。


Youtubeでコンサート中の携帯電話についての面白いインタビューを見つけました。アムランは編曲や作曲の分野でも素晴らしい曲をたくさん書いているのですが、Nokiaの有名な着信音をワルツに編曲しています。インタビューの中で、コンサート中に着信音が鳴ることはたくさんあるけれども、自分自身よりも、コンサートを聴きに来てくださった他のお客様に申し訳ない気持ちでいっぱいになると語っています。そしてこの映像を見て驚いたのが、彼の周りにある楽譜の量。お父様のジル・アムランの楽譜コレクションを受け継いだとはいえ、それにしてもすごい量ですね。

5区から6区にかけてのセーヌ川沿いの道には、昔から古本を売る「ブキニスト」という出店が並んでいます。ふらっと立ち寄ると、アート関連の日本語の古い本や、フランスの古いポストカードなど掘り出しものが見つかることも。そんなブキニストを眺めながら食事できる、セーヌ左岸にある3つ星シェフ、ギー・サヴォワのセカンド店「レ・ブキニスト」に行ってきました。

お昼のムニュは、
前菜 + メインコースまたはメインコース + デザート 29ユーロ
前菜+メイン+デザート+ワインまたはコーヒー 35ユーロ
となっています。

今回は35ユーロのムニュを頼むことに。お味の方は、期待値が高かったせいか、まあまあといった感じ。特に前菜のサーモンのパヴェはぼんやりとした味で物足りなさを感じました。
CIMG4217.jpgCIMG4219.jpg
CIMG4221.jpg
レストランに行くのにシャトレ駅から歩いたのですが、シャトレ広場の噴水の水が溢れて周りが水浸しに(苦笑)まあこういう風景もパリらしいですね。
CIMG4215 (960x1280)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。