FC2ブログ

Sae Lee ~From Paris~

スロヴェニア2日目は、イタリアでの観光や移動でのだいぶと疲れがたまっていたので両親にはホテルでゆっくり過ごしてもらい、私はイタリアでの最後のコンサート以来、練習することもできなかったので翌日のコンサートの為にコンサートが行われる修道院で練習させてもらいました。

vinska_klet_sodi_NEW.jpgスロヴェニア3日目は、まず午前中にPtujのワインセラーを訪れました。ワインと聞くとフランスとイメージする方が多いと思いますが、スロヴェニアでは個人でぶどう畑を持ち、家族や友人でぶどう摘みからワイン造りまで行うことが一種のステータスとなってるように、人々の生活とワインがとても密着している様に思います。そうして造ったワインを家族や友人たちで楽しむそうです。

Ptujは、スロヴェニアの中でも最古の都市の一つでとても古い歴史を持っています。Ptujの歴史に初めてワインが登場したのは、コンサートの行われる修道院が1239年に建てられた時だそうです。教会や貴族たちはPtuj周辺のぶどう畑に適したHalozeという所の広大な土地を取得し、修道院の地下に大きなワインセラーを建てたそうです。

今回見学したのは、修道院から歩いて5分ほどのところにあるワインセラーで、現在も販売するためのワインを造っており最大の樽には2万2千リットルのワインを貯蔵することができるそうです。1898年に、ヨゼフ・オルニックという当時の市長がPtujワインセラーの所有権を取得しました。当時はまだオーストリアハンガリー帝国の支配下にあり、当時はドイツ語を公用語として使用し、オルニック氏はスロヴェニア人でありながらも自分はスロヴェニア人ではなく、ドイツ人だと主張していたそうです。

オーストリアハンガリー帝国からも多大なサポートを受けながら、安定した政治を行っていたそうですが、1918年に第一次世界大戦でオーストリアハンガリー帝国が敗戦により解体したことでPtujはオーストリアハンガリー帝国からセルブ・クロアート・スロヴェーン国(のちのユーゴスラビア王国)の一部となり、彼の目指していた政治体制とと新政府の体制は全く違うものとなり、そうした流れで彼は持っていた会社や、農場など全てを息子に託し自分はグラーツへと隠居したそうです。

ptujska_klet_1_NEW.jpgそんな中ワインセラーを受け継いだ息子のパヴェル・オルニック氏は、自分の妻と2人の娘の為に大きなワイン樽にそれぞれの名前を彫りプレゼントしました。その後、Ptujは1941年4月のユーゴスラビア侵攻後、ナチス・ドイツに占領されたのですが、ワインセラーでパヴェル・オルニック氏の下でワインを管理するために働いていたロブニック氏は占領されることを予感していたのか、ワインセラーにあった、たくさんのワインコレクションを分厚いコンクリートの壁で隠したそうです。

その後、パルチザン(ドイツ、イタリア等枢軸国に対する抵抗運動、またその組織およびその参加者)によりスロベニアを含むユーゴスラビア全土が武力でドイツ軍から解放され、1945年に社会主義体制ユーゴスラビアとなるのですが、パルチザン達はドイツ人が残して行った建造物等はことごとく破壊したそうで、残念ながらパヴェル・オルニック氏が自分の妻と2人の娘の為にプレゼントした大きなワイン樽も、名前がドイツ系であったと理由から、名前の部分が削り取られてしまっています。しかし、3つのうち1つの樽だけ、名前の部分が壁側に向けられていたため奇跡的に難を逃れたようです。

こうしてドイツ軍、そしてパルチザンからもコンクリートで隠されたワインコレクションは発見されず、無事に壁が取り除かれ、スロヴェニアでもっとも古い1917年のワインも保管されています。日本人がこのワインセラーを訪れたのは初めてだそうです。セラーを見学した後は、ワインのテイスティングを行いました。3本の白ワインと、ロゼをテイスティングしたのですが、両親も日本に送れないのかなと言うくらいすっかりスロヴェニアのワインが気に入ったようで、4本のワインそれぞれとても美味しかったです。

こうした話を色々聞いていく中でバルカンの歴史文献等も色々と読み、社会主義体制だった時の話を聞いたりすると、歴史って本当に色んな偶然が重なり合ってできていくのだなと思いました。例えば、第一次大戦の引き金となったサラエヴォ事件。学校の歴史の授業では、1914年6月28日にオーストリアハンガリー帝国の皇帝=国王の継承者フランツ・フェルディナント大公夫妻が当時オーストリア領であったサラエヴォ(現ボスニア・ヘルツェゴビナ領)を視察中、セルビア人の青年プリンツィプによって暗殺された事件としか習いませんでしたが、色々な文献を読みびっくりしました。少しづつ書いてあることが違ったりもしますが大まかな流れは大体同じで、この方のページはとても整理されていて、読み応えがあります。あえて何に驚いたのかは書きませんが興味のある方は良ければ読んでみてください。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://saelee.blog20.fc2.com/tb.php/129-d4fa5f78