Sae Lee ~From Paris~

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
友人と、パリのオペラ座にバレエを見に行ってきました。今回はコンテンポラリーで、ミルピエ、ポール、マクレガーの3人の若手コレオグラファーの作品を集めての公演で、音楽は録音されたものが使われていました。ダンスのことはよくわからないうえに、コンテンポラリーダンスということもあり、どちらかというとダンスより音楽のほうに気がいきました。

1作品目のフィリップ・グラスの曲は、単純な反復のリズムがメインのミニマル・ミュージックで、『浜辺のアインシュタイン』というオペラからの抜粋だそうですが、どこまで禁欲的なんだろうと言うほど音楽展開がなく、リズムに徐々に体が慣らされていくような感じがします。カラフルなダンサーの衣装と、舞台上に映し出された映像に目が行きました。

2作品目は、今回のシーズンの為に作られた新作だったようで、音楽はリゲティ。色々な曲からの抜粋だったようですが、全体に舞台上の色彩も暗めで、不覚にも途中意識が遠のきそうになってしまいました。始めの曲が、たぶん2台ピアノの為の3つの作品の第1曲だと思うのですが、それぞれのピアノが、まったく違うテンポで演奏しているように聞こえる中、ダンサーはどうやって拍をとりながら踊ってるんだろうかと不思議に思いました。

3作品目は、唯一音楽よりも踊りに目がいきました。照明やセットも面白く、始めは舞台上いっぱいのスクリーンに映像が流され、スクリーンの前でダンサーが踊り始めるのですが、途中スクリーンが上がると、スクリーンの後ろから箱が現われ、箱の中で2人のダンサーが踊り始めます。どうもその箱が微妙に動くうえ、箱自体がオペラ座の舞台の傾斜とは反対に傾斜しているようで、よくあんな不安定な中で踊れるもんだなと感心しました。その後、またスクリーンが下りてき、しばらく映画のように映像だけが流れます。その映像がわりとグロテスクなもので、映像と言っても、写真を高速で差し替えて動いているように見せる手法(簡単に言うとパラパラマンガのような感じ??)で、グロテスクなうえ、更に不気味な感じがしました。その後またスクリーンが上がり、箱が現れ、とこんな感じの踊りだったのですが、あとでコンセプトを見てみると、ダーウィンの進化論がベースのバレエだったようです。

とても楽しみにしていた、Ballets Russes(ペトルーシュカ、バラの精、牧神の午後など)は12月12日からで、私は公演日の前に日本へ帰るため見れないことが判明。ものすごく楽しみにしていただけに、本当に残念です。とても人気の演目で、チケットも早々に売り切れたようです。

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2009.11.19 01:53  | # [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://saelee.blog20.fc2.com/tb.php/182-04f890bd

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。