FC2ブログ

Sae Lee ~From Paris~

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
ピアニストにはあまり関係ありませんが、同じ音楽家としてこれはひどいことになったと思います。

http://www.asahi.com/national/update/1129/TKY200911280392.html

航空会社は、演奏家の心配をぬぐおうと知恵を絞る。全日空は、無料で預けられる荷物の容量を増やし、バイオリンなどの楽器を収納するクッションつきの専用コンテナも用意した。日航も壊れやすい物用のコンテナを6種類備える。(asahi.comより引用)

という情報があったので、12月に来日するサクソフォン奏者のロギーナ氏のために、全日空へは楽器を収納するクッションつきの専用コンテナについて、日航へは壊れやすい物用のコンテナを6種類について詳細を問い合わせました。日航はそういったものが用意されるかどうかの事実確認ができない。担当者にもそのような事実は伝えられていませんので返答できません。全日空の方は、資料等が手元にないのでお答えかねますという返答でした。では、ニュースに書かれていることは事実ではないのですか?と質問すると、そのニュースが事実かどうかは私どもにはお答えできません。ただ、こちらで事実確認ができません。とその一点張り。

記事には、全日空の方は写真も掲載されており"用意した"と、すでに準備されているという前提での記事だと思ったので問い合わせたのですが・・・。航空会社として、準備はされているが末端のオペレーターに情報が行きとどいてないだけなのか、ニュース用にこういったものを用意していると言っているだけなのか、用意はしているがまだ準備段階なのか?

こういったコンテナがあるのならば楽器を預けても良いと言う人も中にはいるだろうし、そのへんの情報をきちんと航空会社は提示すべきだと思います。このニュースを読んで、コンテナがあるつもりで空港に行っても、空港でそんなものはありませんと言われる可能性だってあるわけですから。

全日空の場合、機内持込みサイズを超える壊れやすい手荷物(楽器・絵画等)を機内に持込みになる場合、 1名で2席以上の座席が必要な場合の、もう一席分は特別旅客料金で片道一万円となるようです。

そして日航では、楽器が複数に渡り(サックスフォンではソプラノ、アルト、テナーと数種類持ち運ぶことがあります)1席のシートに収まらずベルトが占めることができない場合は、別に2席分購入していただきますと言われました。ただここに一つ付け加えると、これらのサクソフォンケースは、航空会社の規定しているサイズよりは大きいですが、飛行機の頭上荷物入れには問題なく入るのです。荷物入れに入るサイズのものを、わざわざ座席に置くためにもう1席、もしくは2席購入してくださいというのは、いくら考えてもおかしいとしか思えません。













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://saelee.blog20.fc2.com/tb.php/187-d25a6e93

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。