FC2ブログ

Sae Lee ~From Paris~

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
CIMG3473.jpg「マノン」と並んでマスネの代表作でもある「ウェルテル」を見にオペラ・バスティーユに行ってきました。今回のお目当ては、タイトルロールのロベルト・アラーニャ。力強く美しい声、情熱的な演技、外国人の私にでも字幕を読まなくても明確に聞こえてくる、美しいフランス語のディクションと、どれをとっても非の打ちどころがないウェルテルでした。なんと、アラーニャは1月25日の公演終了後、ポーランドに行き、奥様の難産の末の帝王切開に立ち会って、その後パリに戻り2月2日の公演というスケジュールだったそうですので、1月29日の公演は本来はSchmidt役であるLuca Lombardoが代役でウェルテルを歌ったそうです。

CIMG3487.jpgアラーニャ以外のキャストも好演で、演出もシンプルながら、あえてスポットライトを多用せず、情景や歌詞やウェルテルの気持ちに上手く沿った照明の使い方がとても素敵でした。ただ第1幕のセットの中に、小さな手洗い場のようなものがあり、1幕中ずっと水の流れる音がわりと大きく聞こえていたのが若干気になりました。指揮者のミシェル・プラッソンは1933年生まれ、現在80歳。指揮台に立つまでの動作はゆっくりでしたが、指揮ぶりはまだまだ現役。カーテンコール中アラーニャがプラッソンを支えながえら、二人でおしゃべりしていたのが、微笑ましかったです。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://saelee.blog20.fc2.com/tb.php/264-249f2c56

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。