Sae Lee ~From Paris~

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
CIMG3700 (1024x768)CIMG3576.jpg
CIMG3578.jpgグラン・パレで行われている、「カルティエ、スタイルと歴史」展に行ってきました。今週の日曜日までということで、グランパレの入り口には予約制ながら降りしきる雨の中、中に入るために皆さん並んでいましたが、招待券をいただいたのですぐに中に入ることができました。ジュエリーを中心にウォッチ、置時計、ドレス、家具、絵画などおよそ600点の作品が展示されています。
中に入ると、大きなガラスケースにはまばゆいばかりに光り輝くティアラのコレクションが。ガラスケースの中でティアラが固定されている部分がゆっくり回転しているので、光が当たる角度によって色々な輝きが楽しめます。
CIMG3591.jpgCIMG3583.jpg

CIMG3585.jpgCIMG3588.jpg
CIMG3587.jpgCIMG3584.jpg
コレクションの中にはこんなものも。1910年にパリオペラ座で初演されたフォーキン振付のシェヘラザード(リムスキーコルサコフ作曲)でスルタンの寵妃ゾベイダをイダ・ルービンシュタインが踊った時に着用したヘッドセット。レオン・バクストのデザインです。ちなみに、ラヴェルの「ボレロ」はイダ・ルービンシュタインの委嘱によって生み出されました。コレクションに含まれているという事は、カルティエが作成したのでしょうか?
CIMG3611.jpgCIMG3609.jpg
デザイン画とそれを実際に作成したもの。
CIMG3627.jpgCIMG3626.jpg
グレース・ケリー妃のコレクションに、重なり合うレイヤーが美しいブレスレット。
CIMG3662 (1024x768)CIMG3657 (1024x768)
カルティエを代表する腕時計のコレクション。
CIMG3605.jpg
若い人たちは、デザインを学んでるような感じの人や、友人を誘って楽しくといった感じで、あまり時間をかけずに「きれいね~」なんて言いながら鑑賞していたのに対して、年配女性たちは宝石一つ一つの前で長時間じっくりと鑑賞していたのが印象的でした。

お帰り~早恵ちゃん!
…って blog再開したのに今頃気付いたよ(^∇^ゞ

私は相変わらず、教師業に 母親業に…忙しくしています。
中1担任は何もかもが新鮮だし、ミュージカル部は80人の大所帯になったし、いくつになっても 試練や挑戦ってあるもんだ…と妙に納得&感心しながら元気に過ごしているよ!

また更新楽しみにしています♪

2014.02.23 14:49 URL | みやじま #- [ 編集 ]

先生!ご無沙汰しています!コメントありがとうございます:)

先生のブログ、娘さんが素敵に成長されている様子が微笑ましく、たまにのぞかせていただいています!

またちょくちょく更新していきますので、よろしくお願いします!

2014.02.24 03:07 URL | sae #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://saelee.blog20.fc2.com/tb.php/268-f5ac64ec

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。