Sae Lee ~From Paris~

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
CIMG3914 (768x1024)2月28日、パリ・オペラ座のエトワール、イザベル・シアラヴォラがオペラ座に別れを告げました。彼女が引退に選んだのは、2009年4月にエトワールに昇進した時に踊ったと同じく「オネーギン」のタチアナ役。こちらが、エトワールに任命された時の映像。この時は、マチアス・エイマンと2人同時にエトワール昇進でした。そして、引退公演前48時間を追った映像。そして引退公演のカーテンコールの映像です。美しい長く華奢な脚と、ドラマティックな表現、そして舞台から離れたときのざっくばらんでチャーミングな彼女にたくさんの人たちが魅了されました。
CIMG3912 (1024x768)CIMG3935 (1024x768)
終演後、舞台上にはたくさんの花束が投げ込まれ、彼女の引退を惜しむかのように約30分のカーテンコール。スタンディングオベーションの中、舞台上には星型にかたどった紙吹雪が降りました。
CIMG3955 (1024x768)CIMG3969 (1024x768)
オネーギン役のエルヴェ・モローとの相性もとても良く、二人の最後の舞台に対する熱い思いが感じられる素晴らしい舞台でした。彼らの細かい一つ一つの動作が意味を持って大きな流れとなり、3幕の最後のパドドゥではオネーギンとタチアナの最後の踊り、そしてイザベル・シアラヴォラとエルヴェ・モローのオペラ座での最後の踊り、二つの意味を持って、その刹那を愛しむかのように情熱的で感動的なパドドゥとなりました。
CIMG3961 (1024x768)CIMG3999 (1024x768)
引退公演のカーテンコールでは引退する人に縁の深い人たちが舞台に出て祝福するのが慣例となっているのですが、今回は彼女と良くパートナーを組んでいたマチュー・ガニオが花束を持って登場したり、ディレクターのブリジット・ルフェーヴルが思わず涙をこぼしたり、舞台に出てこない友人たちに怒ったふりをして早く出てきなさいというジェスチャーを見せるシアラヴォラのなんとも気取らない様子が微笑ましかったです。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://saelee.blog20.fc2.com/tb.php/271-1ae8d89a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。