Sae Lee ~From Paris~

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
キャプチャ23日のコンサート、おかげさまで無事に終えることができました。前半はスカルラッティよりピアソラまで、鍵盤楽器のために書かれた作品を中心に、後半は、水や蝶など自然界を音にした作品、イメージや絵画よりインスピレーションを受けて作られた作品を演奏しました。聞きに来てくださった方々にもあまり演奏機会のない、ピアソラの初期のピアノ作品、アムランのエチュード、マスネの小品もドビュッシーやラヴェルの作品と同様に楽しんでいただけたようです。7月20日には前半は同じプログラム、後半はドビュッシーの「牧神の午後への前奏曲」、デュカ「牧神のはかなき嘆き」、セヴラック「水の精と不謹慎な牧神」、ラヴェルの「夜のガスパール」を演奏予定のコンサートが、大阪大学会館にて開催予定ですのでまた詳細は追ってお知らせさせていただきます。

さて、今度は4月12日にスロヴェニアで行われる室内楽のコンサートに出演します。

■日時 2014年4月12日(土)20:00開演
■場所 Galerija Lojzeta Spacala, Grad Štanjel SLOVENIA

《プログラム》
Henri Dutilleux: Sonatine pour flûte
デュティーユ: フルートソナチネ
Joseph Horovitz: Sonatina for clarinet & piano
ホロヴィッツ: クラリネットソナチネ
Takashi Yoshimatsu: Fuzzy Bird Sonata
吉松隆: ファジーバードソナタ
George Gershwin: Rhapsody in Blue
ガーシュウィン: ラプソディーインブルー(トランペットとのデュオ)

トランペット奏者のMarco Pierobon氏、フルート奏者のAlja Velkaverh氏、クラリネット奏者のHubert Salmhofe氏、そしてサクソフォン奏者のMiha Rogina氏との共演です。フルート、クラリネット、サクソフォンとの共演は何度もありますが、トランペットとの共演は初めて。サクソフォンとのデュオでも良く演奏しているガーシュウィンのラプソディーインブルー、そして日本にもゴマラン・ブラス・クインテットのメンバーとして来日されているマルコ・ピエロボン氏との共演!いまからとっても楽しみです!












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://saelee.blog20.fc2.com/tb.php/283-73420fb0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。